大注目の再建築不可物件を徹底解説|創意工夫は無限大

レディー

格安でマイホームを実現

グラフと家

最近、中古不動産市場において価格の安さからひそかに人気を集めている物件があります。それが再建築不可物件です。大注目の再建築不可物件を徹底解説していきます。再建築不可物件とは、簡単に言えば家屋を新築することができない土地のことです。どういうことかというと、その土地に家屋が立てられた当時は何の問題もなかったが、その後法律が変わったことによって宅地として利用できなくなってしまったのです。再建築不可となった経緯は物件ごとにさまざまですが、最も多いのは接地基準を満たしていないというケースです。現行の法律では防災上の理由から表道路に敷地の一定以上の面積が接していなければならないのですが、古くに開発された住宅街などにはこれに合致しない奥まった場所にある宅地が今も残っているのです。

再建築不可物件の価格が安い理由は明白です。それは宅地として利用するなら現在建っている住宅を使うしかなく、建て替えが一切できないからです。また、換金性が低いことからローンの審査が厳しくなることも予測されるため、購入時には注意が必要です。しかしこれらのことをあまり気にしない人にとっては、価格の安さは逆に大きな魅力となります。具体的には、マイホーム実現のファーストステップとして持ち家取得を目指す新婚夫婦や、定年後の高齢者といった人たちです。その他、賃貸物件として投資目的で購入するというケースも想定できます。再建築不可物件は建て替えはできませんが、リフォームは可能です。たとえ古い住宅であっても工夫次第で快適に住まうことは十分可能です。

機能性に着目した選択とは

外観

東京のベッドタウンとして機能的な活用の幅が広い習志野市の不動産は、マイホーム建築や投機的な目的でのニーズが高まっています。習志野市の地域的特徴を踏まえた、個々のニーズに対応できる不動産業者の活用が注目されているのです。

もっと読む

新築一戸建ての概要

住宅

価格が割安な不動産が呉市内には多いので、新婚カップルが建物面積30坪以上の新築一戸建てを買うのがトレンドです。効率的に住まいを探すためのコツは、登録業者数の多い情報サイトを使って、希望する条件の物件を絞り込むことです。

もっと読む

リゾート地の不動産の売却

住宅

軽井沢に別荘物件を所有している人もいます。子供も独立して次第に年齢も重ねてくると、別荘の利用頻度も少なくなることでしょう。そうなると管理も大変になるので、売却を検討してみましょう。売却の相談はリゾート物件の売却に詳しい不動産会社を選択すると良いです。

もっと読む